当サイトお勧め包茎手術クリニック

ABCクリニック★★★★★ 

技術力が高く・コストが安い!プロお勧めNO.1!

治療率98.7%!  包茎手術3万円! 専門医在籍!

 

ネットで3割引!カウンセリング予約はこちらから

 今なら!ネット予約で30%OFF! 

 

包茎には様々な種類があり、代表的なものとして仮性包茎を挙げることができます。
仮性包茎は自分で亀頭の皮を剥くことができることから病気とは認められておらず、手術には健康保険が適用されないのが一般的です。
仮性包茎手術の料金や、その方法などについてを紹介します。

この記事の目次
  • 仮性包茎とは
  • 仮性包茎の人は健康保険がNG!
  • 仮性包茎の包茎手術費用

仮性包茎とは

仮性包茎というのは、陰茎にある亀頭が包皮で覆われている状態のことで、包皮を剥けば亀頭を露出できるのが特徴です。
仮性包茎は真性包茎やカントン包茎とは異なり、医学的には特に病気とはされておらず正常な状態ですので、手術を受ける必要性はないと言われています。
真性包茎やカントン包茎は、包皮口が狭く亀頭の露出が困難なことから、手術を受ける際には健康保険が適用されます。
一方で仮性包茎は、亀頭の露出に特に困難は生じないことから、機能的な問題もないと判断されています。
そのため真正包茎やカントン包茎のような治療は必要なく、包皮切除の手術に健康保険は適用されませんし、手術の必要性もないのです。
日本では包茎全体の6割程度がこの仮性包茎と言われており、普段は包皮で亀頭が覆われている状態ですが勃起したときには皮が剥けるというのが特徴で、自らの手で皮を剥くこともできます。
真正包茎やカントン包茎とは異なり、そのままの状態にしておいても特に大きな問題はありませんが、いくつかデメリットがありますので注意しておく必要があります。

仮性包茎のデメリットとして挙げられるのは、衛生面の問題があります。
普段は亀頭が包皮で覆われているため、そのままの状態にしておくと、どうしても恥垢や細菌などが溜まりやすくなります。
そのため正常な人と比べて、臭いがきつくなることがあるのです。
またそのような細菌が原因で、性病にかかりやすくなることもあります。
一度細菌に感染してしまうと、性行為のときにパートナーにうつしまうこともあり、それが不妊の原因にも繋がることがあります。
女性の場合は、細菌が原因で子宮頸ガンになることもあるため大変なことです。
そして早漏になりやすいことも、デメリットと言われています。
何故なら仮性包茎の方は普段は亀頭が覆われていますので、その分様々な刺激に弱くなっているからです。
刺激に弱い状態が続いてしまうと、いずれは勃起不全に陥ってしまう危険性も考えられます。

仮性包茎普段の生活に支障をきたすようなデメリットがありますので、注意をしておく必要もあるのです。
仮性包茎というのは、基本的に入浴時に常にキレイな状態を維持しておけば、特に治療を受ける必要はありません。
だからと言って全く問題がないというわけではなく、デメリットを生じない可能性はゼロではありません。
さらに包茎にコンプレックスを持つと、精神面の問題も抱えてしまうことがあるのです。
仮性包茎が気になり、異性に積極的になれない人もいるでしょう。
それが原因で治療を受ける人もいますが、仮性包茎は他の包茎とは異なり、治療そのものは美容目的になります。
保険が適用されることがないことから、費用が高くなることも珍しくありません。

 

仮性包茎の人は健康保険がNG!

真正包茎やカントン包茎とは異なり、仮性包茎は病気とみなされていません。
そのため治療する際には健康保険が適用されず、全て自費で治療を受けることになります。
健康保険が適用されませんので、患者側の負担が増えてしまいます。
さらに仮性包茎の手術で一般的な環状切開法を受けるとキズ跡が残ってしまうというのが特徴ですので、見た目を重視する人には向いていないと言えるでしょう。
そうなると手術後の見た目を重視した美容外科の必要性が出てくるのです。
包茎手術を受ける人の考えは様々で、「とにかく包茎を治したい」という人もいれば、包茎改善だけでなく「キズ跡もキレイにしたい」という人もいます。
後者の場合はキズ跡も重視してくれる美容外科で治療を受ける必要があります。

美容外科であれば包茎の改善はもちろん、手術後のキズ跡が分からなくなるような治療も行ってもらえます。
よりキレイな仕上がりを望むのであれば美容手術もありですが、当然費用もかさんでくることになります。
そのため、かかる費用についても考慮しておく必要があります。
美容外科で行われる手術は様々で、クリニックによって治療内容や費用も異なります。
特に初めて受ける方は色々と戸惑うこともあると思いますので、事前のカウンセリングで手術内容をきちんと理解しておきましょう。
クリニックでは事前にカウンセリングを行っており、そこでは治療内容に加えてかかる費用や様々な相談にも乗ってもらえます。
もちろん無料のところが多いので、有効に活用してみてはいかがでしょうか。

 

仮性包茎の包茎手術費用

環状切開法の場合

仮性包茎の包茎手術として一般的な方法が、「環状切開法」です、
環状切開法はひと昔前の術式になりますが、今でも多くのところで行われています。
環状切開法ではペニスの真ん中の部分に切開線を作るのが一般的であり、そのためキズ跡が目立ちやすくなります。
さらにツートンカラーになるなどの、デメリットも抱えています。
仮性包茎では真正包茎やカントン包茎のように健康保険の適用がありませんので、患者側が受ける負担が膨らみます。
患者さんの中にはできるだけ費用を抑えたい、という方もいるはずです。
そのように費用を抑えて手術を受けるには、環状切開術が比較的安いことから最もおすすめと言えるでしょう。
仮性包茎の手術としては亀頭直下埋没法もありますが、最近はこちらの環状切開法が見直されています。
何故なら環状切開法は亀頭真下の皮膚が残りますので、性感が損なわれにくいからです。
医療機関では様々な包茎治療を行っていますが、仮性包茎で健康保険の適用がなく、さらに安い料金で治療を受けたいという方は、環状切開法も選択肢の一つに入れてみるのもいいと思います。
環状切開法にかかる費用としては、60,000~100,000円とクリニックによって幅があります。

亀頭直下埋没法の場合

仮性包茎の手術法には、「亀頭直下埋没法」という方法もあります。
亀頭直下埋没法は環状切開法とは異なり、手術の跡が分かりにくいのが特徴です。
仕上がりを重視している方にとっては、嬉しい手術法と言えるでしょう。
亀頭直下埋没法はキレイなペニスを手に入れることができることから、仮性包茎を改善した後も自分自身のペニスに自信を持てると評判の術式です。
包茎を確実に改善できますので、包皮を除去しない手法と比べて、より高い確実性を期待できます。
仮性包茎の状態が軽度であれば、特に除去しなくても自然に治癒することがありますが、そうでない方で仕上がりを重視する際には亀頭直下埋没法が向いています。
亀頭直下埋没法にかかる料金も、医療機関によって異なります。
完全無痛麻酔代やお薬代、アフターケア代、小帯形成術、皮下組織形成術、さらに溶ける糸代など、全てを含めた費用で100,000~120,000円程度が一般的です。
包茎手術についてはオプションなどもありますが、こちらを選択すると費用がアップします。

真正包茎やカントン包茎とは異なり、仮性包茎は病気とはみなされていません。
そのため健康保険の適用はなく、患者さんの経済的な負担が増えてくることになります。
手術費用についてはクリニックによって異なりますので、事前のカウンセリングなどで確認しておきましょう。