当サイトお勧め包茎手術クリニック

ABCクリニック★★★★★ 

技術力が高く・コストが安い!プロお勧めNO.1!

治療率98.7%!  包茎手術3万円! 専門医在籍!

 

ネットで3割引!カウンセリング予約はこちらから

 今なら!ネット予約で30%OFF! 

 

包茎には、真正包茎、カントン包茎、仮性包茎という種類があります。
包皮の締め付けが特に強いのがカントン包茎ですが、もちろん手術による改善が可能です。
医療機関でカントン包茎の治療をしているところも存在しますので、良くしたいという方は相談をしてみてはいかがでしょうか。

この記事の目次
  • カントン包茎とは
  • カントン包茎の手術料金(健康保険あり)
  • カントン包茎の手術料金(健康保険なし)

カントン包茎とは

カントン包茎というのは、真性包茎と同じように包皮口が狭くなっているのが特徴であり、皮を引っ張ることで亀頭を露出させることが可能な包茎です。
しかし勃起した状態で皮を無理に剥いでしまうと亀頭部分が締め付けられることになり、最悪元の状態に戻らなくなることもありますので注意が必要と言えるのです。
元に戻せなければ、亀頭が壊死するというリスクすらあります。
一般的なペニスは包皮への締め付けはほとんどありませんし、勃起したときはもちろんそれ以外のときであっても、手を使って皮をスルスルと剥くことができます。
一方でカントン包茎は包皮が砂時計のような形状をしており、ペニスの中を締め付けるような構造をしているのが特徴です。
そのため勃起したペニスが大きくなった際に、その状態で無理に皮を剥いでしまうと、亀頭の下部あたりを締め付けてしまうことになるのです。

カントン包茎というのは、勃起していないときにペニスの皮を剥ぐことができますが、勃起した皮を剥いでしまうと亀頭が締めつけられることになり、状態によっては亀頭に対する血液の流れが止まってしまうこともあります。
ただこの段階では、まだ正式なカントン包茎ではありません。
そのような症状は「包皮輪狭窄型仮性包茎」と呼ばれていて、勃起したときに皮を無理に剥いでしまったことで締め付けられて血流が滞り、亀頭や包皮の一部が膨れて元に戻りにくくなった状態が本当の意味でのカントン包茎なのです。
カントンを漢字で表すと「嵌頓」になり、これはつまり元に戻らない、という意味を表しています。
包皮輪狭窄型仮性包茎の状態が進展していくと、カントン包茎の状態になってしまいます。
カントン包茎になると、勃起した際に皮を剥くと亀頭が締め付けられることから、性行為を行う際に痛みを感じるようになります。
そのため正常な性行為が困難になることが多いのです。

これに対して、勃起時や勃起していないときであっても、皮を剥いて亀頭を露出できない包茎が真性包茎です。
ここからも分かるように、カントン包茎と真性包茎の原因は全く同じと言えるでしょう。
ただカントン包茎と比べて、真性包茎のほうがその症状がより重いのが特徴です。
カントン包茎の大きな原因の一つが、ペニスの皮部分の先端部に存在している包皮口が狭いということが挙げられます。
この部分の狭さによって、症状の状態も変わってきます。
ペニスの皮部分つまりは包皮の先端部分が、まるで輪ゴムのようなリング形状になっているのが問題を引き起こしています。
リング状の包皮口があまりにも狭すぎると、その中にある亀頭部分を上手く露出できなくなってしまいます。

 

カントン包茎の手術料金(健康保険あり)

カントン包茎の手術にかかる費用は、医療機関によっても異なります。
患者さんの中には、「できるだけ安い料金で治療したい」という人もいるでしょう。
そんな方は総合病院や大学病院など、健康保険の適用が可能な医療機関で治療を受けるといいでしょう。
総合病院や大学病院などに存在する泌尿器科では、カントン包茎の治療を受ける際に健康保険が適用されます。
しかしどんなに健康保険が適用される大きな医療機関であっても、仮性包茎は適用外ですので注意しておきましょう。
仮性包茎は勃起したときであっても、包皮を剥いて亀頭を露出させることが可能であるなど、性行為の際に特に支障を生ずることがないからです。
こちらは機能的には特に問題がありませんので、一般的な治療は必要ないと言われています。
それに対してカントン包茎や包皮輪狭窄型仮性包茎の場合は、皮を無理に剥いてしまうと元の状態に戻らなくなってしまうことから、様々な問題を抱えることになります。

その状態を放置していると、ペニスが締め付けられて血流がストップしてしまう危険性があるのです。
医療機関で診察を受け、その結果カントン包茎と診断された際には、健康保険が適用されることになります。
カントン包茎の患者さんの場合は、元に戻らなくなった皮を戻すことはもちろん、再び同じような状態にならないように治療することが目的です。
それでは包皮輪狭窄型仮性包茎の場合はどうなのでしょうか?
包皮輪狭窄型仮性包茎の原因も、カントン包茎と同じであり症状もよく似ています。
ペニスが締め付けられた状態がそのまま続いてしまうと、皮が元の状態に戻らなくなってしまうのです。
ただカントン包茎の状態にまだなっていなければ判断が分かれることになり、その点については実際に診察する医師の判断によるところが大きくなります。
当然ですが、担当の医師が軽度の仮性包茎と判断すれば、健康保険は適用されないことになります。
また診察した医師が治療が必要と判断すれば、健康保険が適用されて普通よりも安い料金で治療できるのです。

では健康保険適用で手術を受ける際の費用は、どれくらいになるのでしょうか。
総合病院や大学病院など、健康保険の適用がある医療機関で包茎手術を受ける際には、医療行為に点数が定められていて、これが料金と直結しています。
点数1点が10円と決まっていて、例えば100点であれば、「10×100」で1,000円になります。
健康保険適用で包茎手術を受ける際には、環状切除術と呼ばれる方法で受けるのが一般的です。
環状切除術の点数は2040点と決まっていますので、「10×2040」で20,400円ということになります。
この20,400円が実費でかかる費用ですが、健康保険はそれぞれ負担が異なり、例えば3割であれば6,120円が実際に負担する金額になります。

カントン包茎の手術料金(健康保険なし)

健康保険の適用がない場合の、カントン包茎の手術料金はいくらくらいになるのでしょうか?
カントン包茎に限らず、真性包茎の場合でも美容外科クリニックなどで手術を受けた際には、基本的には健康保険の適用はありません。
美容外科クリニックというのは、テレビのコマーシャルや雑誌の広告などで大々的に宣伝しているクリニックのことです。
例えば泌尿器科などの保険適用の病院は、美容クリニックのようにメディアで宣伝することはありません。
美容外科クリニックは一般的な医療機関と同じような機能的な問題はもちろん、加えて見た目の問題つまりは仕上がりの良さも手術項目の一つに含めているのが特徴です。
そのため、一般的な医療機関のように保険が適用されることはありません。

さらに見た目などを美しく仕上げるための技術料金なども治療費に含まれているため、一般的な医療機関よりも手術費用が高くなるのです。
それではどれくらいの手術費用がかかるのかになりますが、これはクリニックによっても異なります。
例えば、ナイロン糸を使用した包茎手術であれば70,000円前後、また吸収糸を使用した包茎手術であれば100,000円を超えることもあります。
もちろんもっと安いところもありますので、費用が気になる方はいくつかのクリニックを比較してみるといいでしょう。

カントン包茎は真正包茎と同じように、その状態を放置しておくと性行為などに支障を生じてしまう恐れがあります。
その状態を改善するために行うことになるのが手術であり、健康保険適用の場合と健康保険を適用せずに受ける、という二つのケースに分類できます。
それぞれにメリットとデメリットがありますので、事前のカウンセリングなどでしっかり説明を聞いておきましょう。