当サイトお勧め包茎手術クリニック

ABCクリニック★★★★★ 

技術力が高く・コストが安い!プロお勧めNO.1!

治療率98.7%!  包茎手術3万円! 専門医在籍!

 

ネットで3割引!カウンセリング予約はこちらから

 今なら!ネット予約で30%OFF! 

 

包茎のことが気になり、それがコンプレックスとして重く圧しかかる人も少なくありません。
特に真正包茎はそのまま放置しておくとリスクもありますので、早めに対処する必要があるのです。
包茎は手術をすれば対処できますが、実際に手術にかかる費用については知っておく必要があるでしょう。

 

包茎手術の初診料

クリニックの場合

包茎手術にかかる初診料は、実際に手術を受ける医療機関によって変わります。
クリニックで受けるのであれば、1,000円程度というところが多いように思われます。
もちろんこの金額もクリニックによって変わってきますので、料金が気になる方は事前に確認しておくことが望ましいでしょう。

【200床以上の病院の場合】

200床以上の大きな病院の場合には、紹介状がなければ選定療養費がかかりますので、注意をしておく必要があります。
選定療養というのは、公的医療保険の被保険者が選ぶことで提供される医療サービスのことです。
具体的には、差額ベッドや歯医者で使用する金合金、大病院での初診や再診、時間外診療などが該当します。
病院には様々な種類があり、診療所や地域の中小病院を始め、総合病院や国公立病院、大学病院などの医療機関が存在しています。
これらの医療機関は、地域に暮らす人にとってなくてはならないものであり、日常的にかかる病気やケガなど、様々な診療を受けることができます。
病院には専門の医療スタッフがいて、診断や検査、手術や入院などの設備を備え、手術や入院が必要な患者や救急医療などに対応しています。

特定の分野では、さらに高い専門性を備えており、その中でも最先端の医療サービスを提供している一部の病院などでは、高度な専門医療が必要となる患者さんにも対応しているのです。
そのような中で、一般病床を200床以上持つような病院については、他の病院やクリニックからの紹介状がないと初診料が高くなることがあります。
他の医療機関などで発行された文書による紹介状なしに受診をすると、初診の際に選定療養として病院側が特別料金を患者に請求できることになっています。
これは、診察料などとは別に必要になる費用のことです。
また病気の症状が落ち着いたので、他のクリニックや病院での受診を薦めるように紹介したにもかかわらず、患者が同じ病気で引き続いて受診するような再診の場合にも、紹介状なしと同じように特別料金を請求されることがあります。
ただそのような特別料金の請求の有無は、ひとえに病院側の判断に任されており、たとえ請求する場合であっても、その金額については病院側が独自に決めても良いというルールになっていました。

それが2015年の5月に作られた医療保険制度改革法によって、大病院については地域にあるクリニックなどとの連携を推進するような債務が規定されています。
その方法の一つが、紹介状なしで受診する患者さんに対して、特別料金を徴収することです。
例えば初診の場合は、かかる料金が5,000円以上(歯科は3,000円以上)の病院が、実際に決めた金額になります。
同様に、クリニックなど他の医療機関を受診するように薦められたにもかかわらず、患者がそのまま引き続いて大病院の受診を希望する際も、特別料金として2,500円以上(歯科は1,500円以上)の病院が決定する料金を支払う必要があります。
つまりは200床以上の病院の場合には、現在でも様々なところで特別料金、いわゆる選定療養費が徴収されているのが現状です。
病院によっては実際の請求額は異なりますので、こちらも事前に確認しておくと良いでしよう。

クリニックより大病院のほうが初診料が高いので注意!

医療機関では初診料がそれぞれ異なりますが、実際に比べてみると、クリニックよりも大病院のほうが初診料は高めというのが一般的です。
これは紹介状などの有無も大きく関係していますので、これから包茎手術の予定がある方は、その点もしっかり理解をしておく必要があるでしょう。

 

包茎手術費用(環状切開術)

包茎手術費用(環状切開術)は、各クリニックによって実際にかかる費用が異なります。
例えば環状切除術は2,040点ですので、手術にかかる料金は20,400円ということになるのです。
もちろん包茎の症状によってはさらにプラスされることもあれば、安くなることもあります。
比較的安いところであれば5万円程度、高いところでは40万円前後の料金が必要なクリニックも存在していますので、事前のカウンセリングで確認しておくことが大切です。
包茎には、仮性包茎、カントン包茎、真性包茎などがあり、それぞれの症状によって料金が異なります。
またどのような包茎であっても、かかる料金が変わらないクリニックなども存在します。

包茎治療の中には、切らない手術と呼ばれる長茎術というものがあります。
切らない手術が可能なのは長茎術だけであり、一般的な包茎手術はメスを入れるのが普通です。
ただ切らない包茎手術を取り扱っているクリニックは、そう多くないのが実情でもあります。
長茎術というのはペニスが短い人のためのもので、ペニスを伸ばすということが主な内容です。
男性のペニスというのは、全体の中でその一部が付け根部分から体の内側に埋もれています。
そのため切開手術を受けなくても、糸などを使用して引っ張り出すことができます。
これが切らない包茎手術と呼ばれる長茎術ですが、対応可能というクリニックであっても、実際に対応しているのは包茎治療なのか長茎術なのかを、術前にしっかり見極めておくことが大切です。

 

包茎手術の再診料

包茎手術を受けた際には、手術した日から2週間後くらいに再診が必要です。
手術を受けるクリニックや手術内容にもよりますが、溶けない糸で縫合した際には抜糸するケースもあるからです。
包茎手術の再診料については、2019年10月の消費増税に伴う診療報酬(医療公定価格)の改定によってアップされます。
初診料については60円アップの2,880円、再診料については10円アップの730円となることが決まっており、これによって患者側の経済的負担が高くなります。
年齢や年収にもよりますが、1~3割程度はアップしますので注意しておきましょう。

お薬代

包茎手術を受ける際には、手術費用の他にお薬代についても把握しておく必要があります。
こちらも手術を受けるクリニックや包茎手術の内容によって、実際に支払う代金は変わってきます。
包茎手術では、手術した後の抗生物質や痛み止めなどの薬が処方されるのが一般的です。
具体的には、「調剤技術料+薬学管理料+薬剤料+医療材料費」になり、それらを合わせると1,500~2,000円くらいになります。

健康保険を使った包茎手術合計金額

 

包茎手術では、健康保険の適用可能な病院やクリニックであれば、大体8万円程度はかかることになり、手術後に通院する際にはさらに料金がかかることになります。
健康保険での治療では症状を改善するのが目的ですので、見た目などの贅沢なことは言えません。
「とにかく包茎が良くなればそれで良い」、あるいは「安い料金で済ませたい」という方向けです。
そのためキズ跡が気になる方や、キレイな仕上がりを希望する方は料金が上乗せされることになります。
包茎手術で保険が適用されるのは、真性包茎治療のための包茎手術やカントン包茎の治療を、一般の病院で受ける場合のみです。
一般病院ではあくまでも包茎手術の状態を良くすることが目的であり、術後の生活や見栄えなどは含まれていないのが実情です。
健康保険で包茎手術を受ける場合には、以上の点を理解しておきましょう。

包茎手術を受ける際には、初診料が必要です。
200床以上の病院では、他のクリニックや診療所などの紹介状がなければ選定療養費を請求されます。
初診料や選定療養費はクリニックによって異なりますので、事前のカウンセリングなどで確認しておくことをおすすめします。